メールのやり取りはビジネスでは欠かせません。ただ、その中でも定期的な配信や大量に配信する時には必ずしも自社で行う必要はありません。メール配信を専門的に行う業者に依頼をすれば、効率的にメールで情報が送信ができます。

業者に依頼をして行う

インターネットに接続できればメールの送受信ができます。ただネットワークの状況によりあまり大量に送れないときもあります。専門の業者に依頼をすれば、自社の回線に負担をかける必要がなく、高速に目的の送信ができます。

セキュリティは大丈夫?

企業内の製品やサービスの魅力を様々な立場の消費者に伝えるために、メール配信サービスを活用する企業は日本中に多くあります。中でも、セキュリティ対策がしっかりと行われている専門業者と契約を結ぶ場合には…

Learn more

送信できなかったメールはどうなる?

インターネットで利用される電子メールは、基本的に必ず送信ができるとは限りません。たとえば、送り先のメールアドレスが既に存在していない、あるいは送り先のメールサーバーの判断によってメールが削除された…

Learn more

どれくらいのコストがかかる?

メール配信はお客様が必要としている情報をお伝えする大切な業務ではありますが、自社で個別に賄おうとすればお客様のアドレスを管理を任せられる人材、そして専門的な知識が必須となります。サーバ機などの機材…

Learn more

企業戦略に使われているメール配信

pic1

メール配信とは専用のシステムなどを利用してメールを配信することで、コストがあまりかからないというメリットがあります。

オンプレミスタイプのサービス

クラウド型との違いはどこ?

カスタマイズができるオンプレミス

メール配信をするときにはオンプレミスとクラウド型が用意されています。オンプレミスとは自社サーバーを指す言葉で、自社で準備や運用を行うのが特徴です。一方クラウド型はインターネットを経由して使うサービスなので自社でサーバーを構築する必要はありません。 2000年代に入ってからはクラウドサービスが登場、ネットが普及して最も主流となっているのが特徴です。自社で構築するオンプレミスは既存システムとの連携をしやすくなるのがメリットとなっています。また柔軟にカスタマイズできるのもメリットで機能が足りないときは自由に構成を行えるのが特徴です。たとえば効果測定画面を見やすくしたいときにも簡単に仕様変更できるため融通が利きます。

クラウドと比較するとどうなのか

オンプレミスを導入するときにはクラウドも視野に入れる必要があるといえるでしょう。比較すれば短所と長所がわかるので知っておくと便利です。基本的にオンプレミスは自社内でネットワークを構築するためセキュリティ面では安全性が高くなっています。クラウド型はネットにつないで使うためセキュリティ面は少し不安があるのが特徴です。 ただオンプレミスは初期導入費用が高く機材を購入しないといけません。また障害が発生したときには自分たちで対応をしないといけないのでエンジニアを雇う必要もあるといえるでしょう。クラウド型はサービスを提供している本部がすべて行ってくれるので費用も少ないです。 大規模な企業でお金に余裕があるならオンプレミスをおすすめします。