送信できなかったメールはどうなる?

メールを送っても必ず相手に届くとは限らない

インターネットで利用される電子メールは、基本的に必ず送信ができるとは限りません。たとえば、送り先のメールアドレスが既に存在していない、あるいは送り先のメールサーバーの判断によってメールが削除された場合などです。メール送信代行業者に依頼したとしても同様です。というのは、メール送信というのはあくまでも受け取り側が正常に受信しなければ完了しないものであり、送り手側ではどうにもならない部分があるからです。
相手側のメールサーバーにスパム、つまり受信側の許諾がない宣伝メールと判定されないための工夫は存在し、メール送信代行業者はそうした工夫をたくさん知っているので、代行業者を利用することで送信完了率を幾分上げられる可能性はありますが、削除されたメールアドレスに送ることは代行業者でもできません。


相手のアドレスがなくて不達になった場合はエラーになって戻る

では、送信できなかったメールはどうなってしまうのでしょうか。まず、相手側のメールアドレスが存在せず、不達になった場合ですが、メールサーバーからエラー扱いとされて戻ってきます。そのため、どのアドレスに送信したメールが届けられなかったのかということはわかります。送信代行業者は、こうしたアドレスをリスト化してくれるので、次回以降はそうしたアドレスを送信アドレスに含めないという対策を立てることができるでしょう。
スパムと判定されるなどしてメールサーバー上で削除されてしまった場合は、送信者には基本的に開封されることなく、また、送信できなかったという情報が送信者に送られることもなく、送ったメールは完全消えてしまいます。