通常のメールとの違いは?

大量に一斉にメール配信できる

インターネット回線を通した顧客とのコミュニケーションが重要になっています。電子メールもインターネット回線を利用して配信しますが、一般的な仕組みだと効率的に送信ができません。大量に一斉に送信すると、回線がその業務のみしかできなくなり、その他の通信に大きな影響を与えます。それを防ぐためにメール配信サービスを利用します。最近の業者はクラウドタイプが多くなり、自社内で管理ができません。オンプレミス型のサービスなら、情報を社内で管理した上で配信ができます。一般的なメールとは異なる仕組みで大量に一斉の配信が行えます。こちらでデータを大量に送信したとしても、通常のメール配信などには影響しません。メルマガの配信などに最適です。


自動的に配信を行ってくれる

電子メールの送信は、送信者が内容を作成して宛先などを設定します。その上で送信作業をしてやっと送信ができます。一応送信の予約などはできますが、あくまでも一件一件設定する必要があります。メールを使ったマーケティングをするとき、段階的にメールを配信して顧客にアプローチをします。一つ目のメールの後何日後に次のメールを配信するなどです。定型的に決まっているので、それを人が作業をするのは無駄といえるでしょう。メール配信システムなら、配信スケジュールを設定しておけばそれに従って自動的に配信をしてくれます。オンプレミス型は自社にシステムを置けるので、設定内容も自社内で管理できます。案件ごと、顧客ごとに送信スケジュールを設定したりもできます。

メール配信APIならバッチ処理によるデータの受渡しができて、ユーザーの想定するシステム構成に合わせて設計できるのがおすすめです。