どれくらいのコストがかかる?

全てを賄うことに比べると非常にお手頃です

メール配信はお客様が必要としている情報をお伝えする大切な業務ではありますが、自社で個別に賄おうとすればお客様のアドレスを管理を任せられる人材、そして専門的な知識が必須となります。サーバ機などの機材も新たに調達する必要があるかも知れません。
メール配信代行業者への依頼はそれらのコストを一本化します。
アドレス管理と配信のみであれば、内容の企画立案などを含まない場合差異こそありますが凡そ10000アドレスに対し50000円が相場となっており、これにはメール配信により判明した「お客様がどんなことに興味を持たれたか」などのマーケティングの情報などのレポート、管理セキュリティやサーバのメンテナンスなどもサービスに含まれます。


業者委託は、コストカットに伴うリスクの軽減に必要です

メール配信はお客様から預かったアドレスに向け、情報を発信するサービスです。そのため最も気をつけなければならない部分の一つに、メールアドレス情報の保護が挙げられます。
もし万が一にでもアドレス情報の管理を任せた人材がうっかりPCを持ち出しそのまま紛失、といった最悪の事態を避けるのはもちろん当然なのですが、信頼の置ける優秀な人材を複数人登用し万全を期し続ける事はコストの面から考えると、なかなか難しいということもまた事実です。
メール配信代行業者への依頼ならばその点は安心。
社内のオペレータの権限を厳しく管理、インターネット上のアクセス通信はSSLにより暗号化、その他様々な方法によりセキュリティも万全です。

メール配信のサービスでは、メールにて、様々な情報などを多くの人に向けて一斉に送るサービスです。配信先の一括管理や、メールを簡単に作れるサービスが有ることもあります。